[2018年11月]タイでAIRSIMとSIM2Fly比較してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、タイに行くときのネット環境、どうしてますか???

Wi-fiルータレンタル??

もちろんそれも良いのですが、もしSIMフリー端末があれば、タイで使えるプリペイドSIMをゲットするのがとてもお得な方法です!

今回、2018年11月に行ったタイ旅行で、SIM2枚を比較してみました。

用意したSIMは2枚。

スポンサーリンク

いつものSIM2Fly。


タイ専用はとりわけ安くて、データ専用のものであれば
7日間データ量無制限で約500円。
安い。安すぎる!!
無料通話つけても600円とかで買えちゃう。なんなんだ。

Amazon.co.jp: 【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: タイ 4G(3G) 8日間 データ通信SIMカード 3GB チャージ可能 : 家電・カメラ

本来であれば、SIM2Fly1枚で、テザリングすれば2人で十分使えるんだけれども、AIRSIMとの比較もしたいので、今回2人別々のものを使うことに。

100カ国で使える!?AIRSIM

AIRSIMは、香港の会社が発行しており、なんと、世界100カ国で使えるということが売りのSIM。

1日単位でチャージできて、しかもそのお値段がリーズナブルということで、海外SIM詳しい勢に話題になっていました。

私自身、これまで、旅行行くごとにその土地のSIMを使い捨てで買うってことを繰り返してきたんですが、そろそろめんどくさいな・・・(なんかエコじゃない気もするし)と感じることも増えまして。
1日単位からチャージできてさまざまな国に対応できるAIRSIMを使ってみることにしました。

こういう、1日単位でチャージして使えるタイプのSIMってこれまでもあったと思うのですが、AIRSIMはやはりリーズナブル。
SIM自体がAmazonで500円くらいしちゃうのですが、
タイだと3日間プランでUS$3.99なのでSIMのお値段抜きにすれば安いです。

Amazon.co.jp: 【世界102ヶ国】チャージ式SIMカード AIRSIM:チャージ金額0円【日本正規代理店 AIRSIMを始...

ある程度使うことが決まっていれば、10米ドルチャージ済のものもオトクです。(円高だとお得感なくなるので注意)

Amazon.co.jp: AIRSIM・世界データSIMカード (残高10米ドル): 家電・カメラ

SIMのアプリの設定や、プラン購入はあらかじめ日本で行い、現地ではSIMを入れ替えて開始さえすればよい状態にしておきました。
現地でWi-Fiが見つからなくてプラン購入できず通信できないとかは避けたかったので。。。
これは正解でした。
日本で作業しておくと本当にただSIM入れ替えてスタートするだけなので。
意外とやってみると、「ん?」てことが起こるので、PCとかで調べながらをオススメします。
日本で、一度SIMを端末に入れた状態でAIRSIMというアプリを入れて、設定をしてくださいねー
プランスタートするまで課金されることはないのでご安心を・・・

タイ行ってみた

タイ入国前の機内でSIMを入れ替え、着いたと同時にAIRSIMのアプリからプランをスタート。
設定は日本で終わっていたので、特に問題なく電波をつかみました。
(一度再起動したかも)


AIRSIMはdtacというキャリアの電波をつかんでました。
電波が入る地域は、SIM2FlyもAIRSIMもほとんど変わらなかったとおもいます。
バンコクはもちろんずっと圏内でしたし、
チェンマイの郊外(メーリム)でも基本的に圏外にはならず。一度だけAIRSIMが入らなかったのでSIM2Fly (キャリアはAIS) の方の電波に頼ったケースがありました。
全体としてSIM2Flyのほうが、速度の安定はしているように思いました。
やはり大手が強いのか・・・
ただ、AIRSIMでもつながらない!こまった!という感じは今回なかったので、バンコクなど市街地で普通に使う分にはどちらも許容範囲だと感じます。

あと、ネットでは、
AIRSIMの3日プランの「1日」は香港時間で日単位(24時にきれる)と書いてありました。
しかし、1日目、香港時間で昼くらいに使い始めたんですが、
4日目の午前中も普通に使えていました。
(午前中にタイを出たのでその後どうなったかは確認できず)
日単位だとしたら、3日目の夜中に使えなくなるはずなんですが・・・
特に超過のお知らせも来なかったので、そこは謎のままです。

SIM2Fly と AIRSIM 比較した結論

お値段ではSIM代考えるとSIM2Flyの勝ちなんだよな~~とはおもいます。
AIRSIMは1日単位で使えるっていうのが魅力だと思うので、しょっちゅう海外(それも短期で)行く人向けなのかな~
長期で旅行する人には、やっぱりその現地SIM買っちゃうのがお得だと思うのですが、
何度も短期間で海外に行く方だと毎回格安SIM調べる手間がなくなることもあるのでAIRSIMがオススメかと。
ただアプリの設定とかプラン購入とかあるので、初心者よりはSIM慣れした人(なんだそれは)にオススメかと思います。

まとめると・・・

  • 3日間とかの短期で海外旅行や海外出張に年複数回いくひとで毎回SIM調べるのダルイ→AIRSIMオススメ!
  • たまーにしか海外行かないor行くときは長期なひと→都度SIM買うのがオススメ!
  • そもそもSIMフリー端末もってねぇえええ!→Wi-fiルータレンタルか、SIMフリーWi-Fiルータ購入がオススメ!

Wi-FiルータレンタルだとリーズナブルなGLOBAL Wi-fiがオススメ↓

SIMフリーのwi-fiルータについてはこちらに少し書いてます↓

台北は中華電信のプリペイドSIM+SIMフリーWi-FIルータが超快適&お得!

SIMフリーモバイルWi-Fiルーター Battery Wi-Fi MF855 日本版 7800mAh大容量バッテリー搭載がモバイルルーターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

私は次回どこか海外行く際もAIRSIM使ってみようかなと思っていますが・・・
まだまだ、通信品質とか、コスパ考えると、都度現地に強いSIM買った方が満足度は高いのかもしれませんね~。

ではでは~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

instagramはこちら